野球道具

ピッチャーはボールを捕球する以外に、投球動作や体重移動をスムーズに行うためにもグローブを利用します。そのためグローブの型や大きさ・重さは非常に重要です。そこで今回は、投手用のグローブの型についてわかりやすく解説していきます。

野球道具

読んで欲しい野球の本の1つに「使いこなされる力」という本があります。筆者の森野氏はプロの世界で毎年2桁本塁打を放ちながらバッテリー以外すべて守ったという希代のユーティリティプレーヤー。投手と野手の違いはあるものの、便利屋として扱われやすいサイドスロー投手やレギュラーになれないという野手にもおすすめの一冊。

変化球

「投げるのが1番難しいと言われる変化球は何か?」と聞かれると、おそらくほとんどの人が「ナックル」と答えると思います。確かに試合で投げる投手は滅多に見ませんが、ナックルを武器に活躍している有名な投手は意外とサイドスローが多い気がします。そこで今回は、サイドスローでナックルを投げる方法について解説していこうと思います。

変化球

野球の知識がある方なら「サイドスローでフォークは相当難しい」と聞いたことがあるかもしれません。確かに上から投げる投法と比べると難しいですが、絶対に投げれないわけではありません。そこで今回は、サイドスローでフォークを投げる方法についてわかりやすく解説していこうと思います。

野球道具

体だけでなく頭を鍛えるのも野球には必要です。今回ご紹介するのは「野球における体力トレーニングの基礎理論」という本。筆者の中垣氏はダルビッシュ投手の専属トレーナーを務めたり、パドレスで応用スポーツ科学部長を務めるなどとてつもない実績を持っています。個人的に、球速アップしたい投手におすすめの一冊です。

ピッチング

サイドスローは他の投げ方と比較してメリット(長所)が多い反面、デメリット(短所)も多い極端な投げ方でもあります。そこで今回はサイドスローで投げるデメリットについてまとめました。

ピッチング

サイドスロー投手は投げ方の特性上、どうしても利き腕と反対の打者(右サイドスロー投手なら左打者、左サイドスロー投手なら右打者)が苦手です。しかし、だからと言ってそう何度も簡単に打たれ続ける訳にはいきません。そこで今回は「右サイドスロー投手なら左打者、左サイドスロー投手なら右打者を抑える方法」について解説します。

変化球

「ナックルカーブ」という変化球を聞いたことはありませんか。プロ野球で外国人投手が投げているイメージが多い変化球ですが、サイドスローの投手でも投げれます。そこで今回は、サイドスローでナックルカーブを投げる方法についてわかりやすく解説していこうと思います。

変化球

横の変化で勝負するサイドスロー投手にとってスローカーブは「奥行も使って勝負」できる変化球の1つです。他の変化球よりも明らかに球速が遅く、軌道もまったく違うのでバッターからしてみると非常に厄介。そこで今回は、サイドスローでスローカーブを投げる方法についてわかりやすく解説していこうと思います。

変化球

サイドスロー投手にとってカットボールは「ストレートとスライダーの中間球」として打たせて取るピッチングに役立ちます。さらに右対左、左対右といったボールの見やすいバッターに対しても有効な武器になります。そこで今回は、サイドスローでカットボールを投げる方法についてわかりやすく解説していこうと思います。